みなさん、こんにちは。

Philo Sophia  代表の御川真衣です。

今日は、ファスティング(断食)をわかりやすく説明してみたいと思います。

ファスティングとは、「 fast = 断食 」が語源。プチ断食も立派な断食です。

朝食のことを breakfast (ブレイクファースト) といいますね。

つまり、断食 (fast)を中断する(break) ということです。

 

ですので、「プチ断食」で半日食べないのも立派な断食ですし、「週末断食」で仕事がお休みの時に断食するのも、立派な断食です。

日数が長ければ長いほど効果がある、ということでもないのです。

そして、ミネラルファスティングは、断食中に何も口にしないというわけではありません。

身体が分解する必要がないほどまで発酵分解している「ファスティング専用ドリンク」と、オーガニックルイボスティーやたっぷりのお水を摂りながら、数日間を過ごします。

※多くの場合は、よりラクに断食ができるように補助的にサプリメントを一緒に摂ります。

 

このファスティング専用ドリンクは、必要な栄養を摂取しながら内臓を休めることができます。

普段、あなたの内臓は消化活動に大忙しの毎日を過ごしています。

断食中は、消化活動をしなくても良いため、代謝活動に専念し始めます。

代謝活動に専念するということは、余分な脂肪を燃やしたり、体の悪いところを修復したり、細胞を新しく生まれ変わらせたりするということです。

新しい細胞は、古い細胞よりも元気です。細胞の若返り=見た目年齢の若返りです。

 

ファスティング中は、身体が省エネモードに入るため、冷えやすかったりしますが、結果的に全身が細胞レベルで若返るため、代謝アップにつながります。細胞から元気になるということです。

もちろん、身体に入れるカロリーは必要最低限なので、身体は蓄積されている脂肪をせっせと燃やし始めます。

それが大体、48〜72時間後から始まりますが、繰り返しファステングをされている方は、脂肪が燃えやすい体質にだんだん変わっていくため、脂肪燃焼スイッチが早く入るようになります。

ファスティングって大体1日目や2日目が辛いのに、その時にはまだ脂肪が燃えていないなんてショックですよね。

実は、その辛い時期は、体内に残っているブドウ糖をエネルギー源にしています。

糖がなくなり、脳が「マズイ!!飢餓だ!!」と身体を緊急モードに切り替えることにより、糖以外をエネルギー源としていくのです。

 

脂肪を燃やすために必要なビタミンミネラルは決まっています。ビタミンB群やマグネシウムなどです。。

これらがきちんと配合されていないと、脂肪を燃やしたくても燃やせないため、筋肉を優先的に分解し始めます。

これが、水断食をはじめとするリスクの高いファスティングです。やつれる上に、しんどい。

さらには断食後は筋肉が減った分、代謝が落ちるというもっとも望ましくない結果が出やすいです。

 

そして私たち、分子整合医学美容食育協会は、このリスキーなファスティングは推奨していません。

私たちには何十万件というデータがあり、もちろん過去に死亡事故などは起こしていません。

それはひとえにこの協会でしか入手することができない「ファスティング専用ドリンク」のおかげです。

脂肪が燃焼しやすいビタミンミネラル配合、消化器官に一切負担をかけない低分子構造のおかげで、たくさんの方が若さ、美肌、美しいスタイルを取り戻しています。

酵素の数は決まっている。酵素が尽きた時が死ぬ時?

なんと、体内酵素の数は有限です。つまり、なくなっても増産されないのです。

体内酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類ありますが、優先されるのは「消化酵素」です。

つまり、消化している間は代謝できないのです。

私たちが食べ過ぎると、身体は「消化」ばかりしないといけないので、本当にやりたい「代謝」にまで手が回りません。身体は歯がゆい思いをしているのです。

ファスティング中は、身体が消化活動をしないので、「代謝酵素」が優先して使われます。

限りある酵素の節約にもなり、身体が本来したがっている「代謝」に専念することができる。

これがファスティングの重要なポイントです。

酵素ドリンクに生きた酵素は入っていない。本物のドリンクかを見極める基準となるでしょう。

そして「酵素」が最近話題ですが、酵素ドリンクとは、生きた酵素が入ったドリンクではありません。

ましてや、酵素を補給するドリンクでもありません。

つまり、「酵素を補給しましょう!」とうたっている健康飲料は、まがい物である可能性が大きいのです。

「酵素ドリンク」の酵素の役目は、瓶詰めされた時点で終わっています

ドリンクの原料である野菜や果物を分解するために酵素は働くのです。

なぜなら、食品衛生法により、清涼飲料水は加熱殺菌しないと出荷できないからです。

※分子整合医学美容食育協会のファスティングドリンクをはじめ、その他の「酵素ドリンク」も、分類は「清涼飲料水」となっていることがほとんどです。

併せてこちらもお読みいただくと分かりやすいです

おすすめの記事